第3回 ドワンゴからの挑戦状: 参加記

,

http://dwango.co.jp/saiyo/dwacon2017/

参加してきました。

会場到達

会場到達フェイズで3WAを生やしました。

  1. 集合時間を勘違い
  2. そもそも勘違い結果の時間にも間に合わない
  3. 新幹線の切符の学割証を家に忘れた

3は(今回は)影響が私で閉じてる問題だからいいとして、そうでない1,2はよくないですね。 加えてつい先週も似たミスをしている。

dwaconはけっこう楽しみにしてたのに、どうしてこうなったのだろう。 なんとかして対策を考えたいが何も思い付かずどうしようもない。 気をつける/しっかりすると宣言するだけでは当然なにも対策しないのと同じだし。 特に1は、間違ったリソースを確認して自信を持って間違えており競プロでの誤読と構造が同じ。どうしようもなさがある。 個人内で完結した対策は存在性から怪しいことから逆に見て、twitterとかに投げて周囲に確認を取る習慣を付けるようにするとよいのだろうか。

本戦

遅刻によりペナルティが$22$分付いた。 賞金はそもそも狙えないので深刻さはない。

A問題は区間DPであり、他の問題と比較すればやるだけ。 焦っていたのかWAがいくらか重なったが、解ける。

C問題に文句なく自明な部分点があったので、次にこれを取った。 面倒そうだったので、部分点はreactive問のテスト扱いだろうと撤退。

B問題は定数倍を頑張れば届きそうだったので頑張っていた。 しかし間に合わず。遅刻が響いた。

D問題は読んでいないが、解説を聞く限りにおいては単純そうに聞こえた。

コンテストの開始時間が$16$時 (ただし集合時間は$15$時)というのに噂に聞いていたdwangoっぽさを感じた。 朝礼だかが昼にあるとかそんな感じのことを、以前に中の人から聞いた記憶がある。

dwangoの社内見学をした。 社内に神社があり、お賽銭を入れてお菓子を貰った。 葉っぱの傘がたくさん生えてたり、N高校用の学校のセットがあったり、フィギュアがたくさん飾られていたりと、自由さがあった。

懇親会。 C++エヴァンジェリストがいたので必然的に、C++の文法の話をしていた。 自然にボードゲームが始まったり、ぷよぷよの大会が行われたりもしていた。 私は終電に追われて早退したので食べていないが、大きなケーキの準備も行われていた。 すごく楽しげで、後泊や夜行バスを選択しなかったのをちょっと後悔している。

帰宅

帰りは終電の新幹線に乗ったがのだが雪により到着時刻が送れ、新幹線を降りた先の交通機関に間に合わなかった。 雪が降っていたが適当に歩いて帰った。適当すぎて海にも着いたりなどしたが家には着いた。

天候はどうにもならないが、遅延により実質的な終電が変化しうることは覚えておいた方がよさそう。


  • Sun Jan 15 03:22:04 JST 2017
    • 帰宅に関してを追記