aspell(1): interactive spell checker

aspellはスペルチェッカーです。特にチェックだけでなく同時に訂正も手伝ってくれます。 palyってこれplayでは?difineってなんだよdefineだろみたいな質問にはい はい はいと答えるだけで全てよろしくしてくれるすごいやつです。

対話的

起動は以下。

$ aspell check foo.tex

--lang=enとかを要求されるかもしれません。なお日本語は対応していません。

スペルミスがある場合、以下の操作で対話的に修正します。

  • 0-9 で その文字で置換
  • r で 自分で入力して置換
  • i で 無視
  • a で 無視 + 辞書に追加 (~/.aspell.*.*)

pathからtexだとかhtmlだとか判断して適切にしてくれるし、backupも取っておいてくれます。

非対話的

以下のように実行。

$ aspell --mode=tex list < foo.tex

スペルミスの可能性がある単語を全て出力します。

基本はinteractiveであるためか、標準入力からしか読んでくれません。またそのせいでfileの種類の判別ができず、--mode=texのように明示する必要があります。

Makefileにでも置いておくとよいでしょう。


この記事は 先日英語で発表したとき前日の夜に修正した部分でtypoしてaspell掛けずにそのまま使っちゃったのを反省し、 Makefile内で自動で確認させたくて調べたので書きました。